任意売却は即決が大切!遅いと致命的!

HOME >>  任意売却 > 任意売却という選択肢について

任意売却という選択肢について

住宅ローンを組む場合、固定や変動金利などを選択しますが、最近は金利上昇もあり、変動金利をされた方は負担が大きくなるようです。仕事がリストラされたり、収入が大きく目減りすると、住宅ローンの返済が滞り、税金などの差し押さえなど、最悪の場合、競売となるケースがあります。

 

その前段階で、銀行の住宅ローンの借り換えやローンの返済期間の延長や、一部減額交渉や、任意売却があります。任意売却では、競売で売却されるより高額で取引されるケースもあり、不動産会社との交渉が大切になります。

 

また、親族に不動産を売却し、新たに賃貸契約をして、住み続けるリースバックというパターンもあります。この場合、新たな融資先を見つけて、住宅ローンを返済するなどの手立てが必要となるため、難易度が高いです。

 

一番いいのは、競売の交渉となる前、銀行側の手紙や電話による面談のお知らせなどを無視したりすると、競売のリスクがより高くなってしまいます。

 

金融機関に詳しい方に相談したり、より高く売却できる不動産会社探しを平行しておこわないといけません。