任意売却は即決が大切!遅いと致命的!

HOME >>  任意売却 > 任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは、字のごとく任意に売却する事です。

 

しかしながら、この言葉が意味するものは、主に住宅やマンション、土地等の担保とされている物件を指すようです。仮に、あなたが、任意に自動車を売却しても任意売却と言わないのが普通です。

 

同様に、抵当権がない物件を任意に売却しても任意売却とは言わないようです。じゃあ、抵当権のある物件が、全て任意売却になるのかという話になります。

 

競売っていう制度があります。ローンが払えなくなって、催促状を出したにも関わらず支払われない場合、物件を差し押さえる事があります。そして、貸手側は、この物件を競売に掛けるのが普通です。

 

最近は、官公庁の税金滞納における差し押さえ物件も増えています。昔は、全部競売でしたが、一部、オークションを利用しているものもあります。オークションも広義的には、競売に分類されるのかもしれません。

 

ローンの支払いが難しくなって、売却してもローン残高を返済できない場合、貸手側に了解を得る必要があります。一般的には、その了解が得られて売却する事を任意売却と言っています。