任意売却は即決が大切!遅いと致命的!

HOME >>  自己破産 > 借金を返済することができなくなった場合は自己破産をすることになります

借金を返済することができなくなった場合は自己破産をすることになります

人はいろいろな原因で消費者金融などの金融機関からお金を借りることになりますが、人によっては借金をしすぎてしまい借金を返済することができなくなってしまう人もいます。

 

そしてこういう場合は弁護士などに債務整理の手続きをしてもらうことになるのですが、どうしても借金を返済することができなくなってしまった場合は自己破産をすることになります。
 

自己破産手続きは専門家に任せよう

 

自己破産とは自分が生活をしていくための最低限の物を除いてすべて売却して換価して、それを債権者に分配することによって借金を免除してもらうことを言います。
 
3ad4c0a7745363651af362aad99967c7_m
 

そのため自己破産をすることによって自分の持っているもののほとんどを失うことになりますが、借金を免除してもらえるので人生のリスタートをすることができます。

 

そして自己破産をするには自分の住んでいる住所を管轄する地方裁判所に破産手続き開始決定の申し立てをすることによって行い、申し立てには申立書の他いろいろな書類を提出する必要があります。